月別アーカイブ: 2013年7月

銀座カラーの広告

電車の広告ってついつい目がいっちゃいますよね。
それはいいのですが、会社の同期の女の子と脱毛について話していたら、急に先輩社員(男性9から、銀座カラーを勧められたんです。どうしてかと聞くと、電車の広告の女の子がかわいいからだそう。
・・・アホか。
このやりとりがあって、あらためて広告を見たら、確かにきれいとかじゃなくて、本当に可愛らしい感じの女の子だったので、改めて先輩の本気っぷりにひきましたf^_^;)
皆さんもガールズトークにむやみに割り込まないようにお気をつけください。
でも「銀座カラーって会社から近いし」と思って調べてみたんです。

そしたらこのサイトで、銀座カラーのことがわかりやすく説明してあるので助かりました。他のサイトって、広告っぽくて、結局ポイントがわかりにくいんですよね^^;

銀座カラーの詳細

銀座カラーだけじゃなくて、ほかにもいろいろなサロンの解説もしてくれているので、脱毛を考えた人には、ぜひ読んでもらいたいサイトです^^

育児について

私が育児について書くと、
「また毒女がひがんでる・・・」と思われるかもしれませんが、
先日読んだ記事で驚いたことというか、とても思うことがあるので、
メモがてらに投稿です。

イギリスの大学が、7歳児を対象にある調査を行ったそうです。
その調査でわかったのが、
3歳までに規則正しい就寝時間で過ごしていなかった子供は、
算数や国語のテストの成績が悪く、さらにはIQも低かったそう。

不規則な生活って、やっぱり子供にはよくないんですね。
3歳は脳の発達で大切な時期らしく、
この時期の睡眠の乱れは一生に影響するんだとか。

どうしてこの記事に私が衝撃を受けたのかというと、
知人の家庭で仕事の都合で昼夜逆転しているところがあるんです。

父親が家で仕事をしていて、父親の生活リズムに家族が巻き込まれている状態。
家で仕事をしているのに、なぜか「仕事のため」と言って
都心に近いところに住んでるから、家が狭くてひとりが起きていれば全員が起きていざるを得ないのです。

子供のために遠いところに住めばいいのに。
「子供をかわいがるけど大切にしない」の典型的な家庭だと思いました。

マッドサイエンティスト

イタリアの科学者が、
「人間の頭を他の人間に移植できる」という論文を書いたらしい。

なんのため?

猿では何度も移植に成功して最長8日間生きたってことだけど、

・・・結局死ぬんじゃん!

しかも脊髄損傷で首から下は動かないらしい。

その状態で8日間生きても辛いだけだし、
それってなんの罰ゲーム?
死刑よりも怖い罰で使えそうな勢いだけどっ!

重要な事件の目撃者を生かすためとか、
そういうふうに使うのかなぁ。たまったもんじゃないけど。

脊髄もちゃんと移植できるようになったら、
脳死した男の体に、脳以外は助かりようもない男の頭を移植したり
できるようになるのかなぁ。

乙武さんとかは、この技術が実用化されたら、
手術を受けるのだろうか??

多分頭が移植できるなら、手足とかも移植できそうだし、
リアルフランケンシュタインができる日も近いのかも・・・。

こ、こわい・・・。

もしこの技術が実用化されて、
しかも私が瀕死の重傷を負っても、
絶対にこの手術だけは受けたくない・・・・